☆カネックのあの技にまつわるエトセトラ

ちゃっかりパクってモノにしながら、とても非力な技として、他にラリアットがあげられますよね。


カネックのあのラリアットは本当にどーしようもなくしょぼかったですよね(笑)


ラリアットは言わずもがなピンからキリまで様々な選手達が使ってきたわけですが、正直、カネックほど非力で下手くそなラリアットは見た事がありませんでした(笑)


相手の喉元に 軽く ポン って あてるだけでしたからね⁉


あんなの、腕が細い女子プロの選手のラリアットの足元にも及ばないレベルでしたからね!!


ちなみにカネックがラリアットを使う流れは、ラリアットで相手を場外へ落としてトペ・スイシーダを決めるための技として使ってましたよね。


ちなみにカネックがラリアットを使い始めたのはいつなのか?個人的な記憶で言いますと、82年10月くらいにメヒコでのドス・カラスとの試合にてラリアットを決めてるショットが月刊ビッグレスラーに掲載されてるのですが、おそらくこの頃だと思います。


同年の6月のシリーズに来日した時には使ってるのを一度も観てませんよね…?



きっかけは前年の81年に新日に2度来日した際に、2度とも一緒になったハンセン、…からの、そのハンセンが新日を去ったのをきっかけにハンセンのラリアットをパクったアックス・ボンバーを使いはじめたホーガンに触発されたのがきっかけだったのでしょうかね…?