☆カネックの戦績 1979年①編

【1月】
★1月7日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯ドス・カラス&グラン浜田(2-1)カネック&ベビー・フェース●
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=ナスカの地上絵のようなデザインを着用。

【2月】
★2月11日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽UWA世界ヘビー級選手権試合、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(2-1)ドス・カラス●《挑戦者》
①ドス(ラクダ固め)
②カネック(アルゼンチン式背骨折り)
③カネック(原爆固め)
※王座防衛に成功。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

★2月25日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯カネック&ビジャノⅢ(2-0)ソラール&ドレル・ディクソン●
①?
②カネック(変型波乗り固め)ソラール
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

【3月】
★3月4日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◇カネック&?(?)ティニエブラス&?

★3月11日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◇カネック&?(?)ティニエブラス&?

★3月18日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽UWA世界ヘビー級選手権試合、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(2-1)ティニエブラス●《挑戦者》
①?
②?
③カネック(原爆固め)
※王座防衛に成功。
【※】Gスピリッツにてティニエブラスがこの試合を自身の生涯のベストバウトに挙げてました。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=鳥を大きく描いたようなvsテーズ戦タイプを着用。

【4月】
★4月12日、アレナ・アパトラコ
▽時間無制限3本勝負
◯ミル・マスカラス(2-1)カネック●
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=?を着用。

★4月13日?(10日?),アレナ・アフィシオン・デ・パチューカ
▽時間無制限3本勝負
□ドス・カラス(2-1)カネック■
①ドス(フライング・ボディ・アタック➡️体固め、9分16秒)
②カネック(フライング・ネック・ブリーカー・ドロップ➡️体固め、5分47秒)
③ドス(反則勝ち、6分24秒)
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=火の神を着用。

★4月15日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯エル・ソリタリオ&ドス・カラス&アニバル(2-1)カネック&レイ・メンドーサ&ビジャノⅢ●
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

★4月22日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽NWFヘビー級選手権試合、時間無制限3本勝負
《王者》◯アントニオ猪木(2-0)カネック●《挑戦者》
①猪木(イス攻撃➡️反則勝ち、11分40秒)
②猪木(ブレーン・バスター➡️体固め、7分50秒)
※猪木が21度目の王座防衛に成功。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=山羊を着用。
【※】この試合は実際は引き分け、カネックが1本とった、カネックが勝ったと様々な説が有りまがCS放送のノーカット版を見る限り間違いなさそうです。


新日本プロレス『第2回MSGシリーズ』4/27~6/7(全38戦)に参加。2度目の来日》

★4月27日(金)、横浜文化体育館
第4試合
▽20分1本勝負
◯カネック(ダイビング・ボディ・アタック➡️体固め、11分25秒)星野勘太郎
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=6/7(蔵前)vs藤波戦タイプを着用。

★4月28日(土)、相模原市中央青果市場
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ピーター・メイビア(カネック=体固め、12分5秒=星野)星野勘太郎●&木戸修

★4月29日(日)、後楽園ホール
第9試合(メイン・イベント)
▽タッグマッチ、60分1本勝負
アントニオ猪木&藤波辰巳(バック・ドロップ➡️体固め、14分12秒)ジャック・ブリスコ&カネック●
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

★4月30日(月)、長野県伊那勤労福祉センター
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&マサ斉藤(カネック=体固め、9分5秒=小林)永源遥&小林邦昭

【5月】
★5月1日(火)、安城市体育館
第5試合
▽MSGシリーズ予選トーナメント、30分1本勝負
◯カネック(体固め、11分33秒)藤原善明●
※予選1勝を収める。

★5月2日(水)、大垣スポーツセンター
第4試合
▽30分1本勝負
◯カネック(体固め、8分20秒)木戸修

★5月3日(木)、美濃加茂中濃体育館
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
カネック&◯ビクター・リベラ(リベラ=体固め、11分6秒=平田)木戸修&平田淳二

★5月4日(金)、岡山武道館
第1試合
▽20分1本勝負
◯カネック(アルゼンチン式バックブリーカー、8分32秒)ジョージ高野

★5月5日(土)、宇佐市セントラル・ボウル跡特設リング
第3試合
▽20分1本勝負
◯カネック(体固め、12分47秒)小林邦昭

★5月6日(日)、佐伯市佐伯ボウル跡特設リング
第4試合
▽MSGシリーズ予選トーナメント、30分1本勝負
◯カネック(片エビ固め、9分37秒)藤原喜明
※2戦2勝0敗でカネックが決勝リーグ進出を決める。

★5月7日(月)、串間市体育館
第3試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ビクター・リベラ(カネック=体固め、14分9秒=藤原)星野勘太郎&藤原喜明

★5月8日(火)、都城市体育館
第2試合
▽20分1本勝負
◯カネック(体固め、8分17秒)平田淳二

★5月9日(水)、大分県営体育館
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
ストロング小林&藤原喜明(S小林=逆エビ固め、12分38秒=ガレア)カネック&トニー・ガレア●

★5月10日(木)、福岡スポーツセンター
第2試合
▽20分1本勝負
◯カネック(体固め、11分36秒)小林邦昭
【※】この日のセミ、藤波vsソリタリオ戦に途中介入しテレビに映る。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=6/7(蔵前)vs藤波戦タイプを着用。

★5月11日(金)、島原市体育館
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
カネック&◯エル・ソリタリオ(ソリタリオ=背骨折り、9分56秒=小林)星野勘太郎&小林邦昭

★5月12日(土)、柳川市青果市場
第4試合
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
◯カネック(体固め、10分31秒)ラリー・ズビスコ

★5月14日(月)、熊本市体育館
第10試合(メインイベント)
▽タッグマッチ、60分3本勝負
藤波辰巳&長州力(1-1)カネック&マサ斎藤
①カネック(体固め、7分51秒)長州
②長州(体固め、2分25秒)カネック
③(両軍リングアウト、2分31秒)

★5月16日(水)、(姫路市厚生会館
第7試合(セミファイナル)
▽タッグマッチ、45分3本勝負
藤波辰巳&チャボ・ゲレロ(2-1)カネック&エル・ソリタリオ●
①カネック(トペ・アトミコ➡️体固め、9分48秒)ゲレロ
②ゲレロ(サンセット・フリップ➡️体固め、6分20秒)カネック
③藤波(回転足折り固め、3分1秒)ソリタリオ
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=6/7(蔵前)vs藤波戦タイプを着用。

★5月18日(金)、新潟市体育館
第8試合(メインイベント)
6人タッグ、60分3本勝負
アントニオ猪木&坂口征二&藤波辰巳(2-1)上田馬之助&マサ斎藤&カネック
①藤波(逆さ押さえ込み、9分14秒)斎藤
②カネック(トペ・アトミコ➡️体固め、1分46秒)藤波
③日本組(反則勝ち、4分39秒)外人組
※当時TV中継される。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=火の神を着用。

★5月19日(土)、長岡厚生会館
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&トニー・ガレア(カネック=体固め、8分36秒=山本)山本小鉄●&小林邦昭

★5月20日(日)、長野市民体育館
第6試合
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
◯カネック(ダイビング・ボディ・アタック➡️エビ固め、11分56秒)トニー・ガレア●
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

★5月21日(月)、諏訪湖スポーツセンター
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ビクター・リベラ(カネック=体固め、14分50秒=山本)ストロング小林&山本小鉄

★5月22日(火)、松本市総合体育館
第9試合(メインイベント)
6人タッグ、60分3本勝負
アントニオ猪木&藤原喜明&木戸修(2-1)上田馬之助&カネック&ビクター・リベラ●
①(両軍リングアウト、11分1秒)
②猪木(体固め、5分9秒)リベラ

★5月23日(水)、福島・いわき市競輪場駐車場
第8試合(セミファイナル)
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
藤波辰巳(両者リングアウト、13分11秒)カネック△

★5月25日(金)、青森・弘前市民体育館
第4試合
▽タッグマッチ、20分1本勝負
長州力&星野勘太郎(長州=体固め、14分39秒=ズビスコ)カネック&ラリー・ズビスコ

★5月26日(土)、十和田市体育館
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&マサ斎藤(カネック=体固め、13分53秒=木戸)ストロング小林&木戸修

★5月27日(日)、山形・米沢市体育館
第6試合
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
□カネック(反則勝ち、11分37秒)マサ斎藤

★5月28日(月)、岩手・釜石市小川体育館
第6試合
▽30分1本勝負
◯カネック(セントーン➡️体固め、14分6秒)星野勘太郎
【※】当時TV中継される。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ,金ふちどり、頬の模様=火の神を着用。

★5月29日(火)、郡山市総合体育館
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ビクター・リベラ(カネック=体固め、16分47秒=藤原)星野勘太郎&藤原喜明

★5月30日(水)、大阪府立体育会館
第8試合(セミファイナル)
WWF認定Jr.ヘビー級選手権試合、61分1本勝負
《王者》△藤波辰巳(両者リングアウト、20分36秒)カネック△《挑戦者》
▽5分延長戦
藤波辰巳(時間切れ)カネック△
※藤波が19度目の王座防衛に成功。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=6/7(蔵前)vs藤波戦タイプを着用。

★5月31日(木)、春日井市清水屋駐車場特設リング
第6試合
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
長州力(反則勝ち、8分14秒)カネック■

【6月】
★6月1日(金)、高松市民文化センター
第8試合
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント(ヒップ・プレス➡️体固め、1分23秒)カネック●
【※】アンドレと初対決。タッグ結成を含め、初の絡み。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=6/7(蔵前)vs藤波戦タイプを着用。

★6月2日(土)、徳島市体育館
第8試合(セミファイナル)
▽タッグマッチ、60分3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&カネック(2-1)アントニオ猪木&長州力
アンドレ(背骨折り、6分32秒)長州
②(両軍リングアウト、5分17秒)
【※】アンドレと初タッグ実現。
《☆マスク》おそらくアントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=6/7(蔵前)vs藤波戦タイプを着用

★6月3日(日)、東広島市西条プラザ屋上特設リング
第8試合(セミファイナル)
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
坂口征二(背骨折り、9分2秒)カネック●

★6月4日(月)、松江市体育館
第7試合(セミファイナル)
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
アントニオ猪木(弓矢固め、4分39秒)カネック●
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

★6月5日(火)、豊橋市体育館
第4試合
▽30分1本勝負
◯カネック(片エビ固め、9分49秒)星野勘太郎

★6月6日(水)、名古屋・愛知県体育館
第8試合(セミファイナル)
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
◯スタン・ハンセン(ウェスタン・ラリアット➡️体固め、8分26秒)カネック●
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=2種類目の鳥を大きく描いたようなデザイン着用。

★6月7日(木)、蔵前国技館
第7試合(セミ・ファイナル)
WWF認定Jr.ヘビー級選手権試合、61分1本勝負
藤波辰巳(カネックのダイビング・ボディ・アタックを下からドロップ・キックで迎撃➡️体固め、17分2秒)カネック●
※藤波が20度目の王座防衛に成功。
《☆マスク》アントニオ・マルティネス製、金旧ラメ、赤ふちどり、頬の模様=5/30(大阪)と同じタイプを着用.,
※当時TV放送される。後にCS放送&市販ソフト収録される。