☆vsアンドレ・ザ・ジャイアント 生涯戦績

カネックはアンドレに対して自信を持ってたのか、メヒコではアンドレにいつもガンガンにアグレッシブに攻めてますよね。

83年1月にアンドレがメヒコに遠征した2試合では雑誌の文章には一切記載されてませんが、掲載写真を見る限りカネック&アグアヨが(とくにアグアヨが)明らかにセメント仕掛けてますよね。

えげつない蹴りや2人で鉄柱へうちつけてる姿、アンドレ1人に対してカネック&アグアヨが2人でのダブル・トペ・スイシーダを見舞っては…初の大巨人投げまでやっちゃってます…

またカネックもマスクをはがされた形跡がありますし、何より試合後のぼーぜんとしたアンドレの表情がすべてを物語ってるのではないでしょうか。

当時のプロレス月刊誌を見てみると、この試合の直前に参加したMSGタッグ公式戦でも不穏な試合と化した雰囲気なんですよ。

デラックスプロレスのインタビューでもアグアヨが


アンドレ組には勝ちたかった。奴はメヒコに来てもスタイルを合わせようとしない。

他の外国人選手は合わせようと努力するのに、奴は…腹ただしい」


という感じの事を語ってましたので、やっぱり仕掛けたのだと思います。

それとこの83年1月の遠征からアンドレはメヒコでルードの立ち位置になったと記載されてましたので、そういう流れも考えるとやっぱり仕掛けたんですね、たぶん。


84年2月のメヒコでシングルにてストレートで勝った試合なんかは、アーム・ホイップで巻き投げ、アイリッシュ・ホイップで放り投げ、アンドレをロープに飛ばしてあのアンドレにロープ・ワークをさせて返ってきたどころをショルダー・スルーでひっくり返し投げ、リング中央にダウンするアンドレにコーナー最上段からフライング・ボディ・プレスを見舞い、さらにはボディ・スラムでぶん投げるという…アンドレがいくら器の大きい人間だとしても、カネックに対してここまで大出血大サービスするとはちょっと驚愕してしまいますよねぇ…。


アンドレにとってメヒコは大事なマーケットの1つだったのでしょうが、それでもペソとして払われるギャラは普段アメリカの団体から貰ってる額に比べたらそんなにならなかったと予想できますしね。


ちなみに当時のファイト紙にてカネックがこの試合をそれまでの自身のキャリアにおけるベストバウトだと語ってましたが、それは現在ではおそらく生涯のベストバウトになっていると思われます。


そんなこんなでアンドレとの通算対戦戦績を記載させて頂きますね。

あくまで確認できたものであり、メヒコの地方で行われて確認できてない試合もあるかと思われます、念のため。


★はシングル戦になります。


【★①】1979.6.1(金)、高松市民文化センター
第8試合
▽MSGシリーズ決勝リーグ戦、45分1本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント(ヒップ・プレス➡️体固め、1分23秒)カネック●


【②】1980.8.31、パラシオ・デ・ロス・デポルテス
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&アンヘル・ブランコ(2-1)カネック&コロソ・コロセッティ&セサール・バレンティーノ●


【③】1980.9.1、アレナ・プエブラ
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&佐山聡(?)カネック&ペロ・アグアヨ&コロソ・コロセッティ


【④】1980.9.2、アレナ・アカプルコ
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&アンヘル・ブランコ(?)カネック&ビジャノ?&セサール・バレンティー


【⑤】1980.9.7、パラシオ・デ・ロス・デポルテス
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&エル・ソリタリオ(2-1)カネック&ドクトル・ワグナー&アニバル●
①カネック(反則勝ち、7分30秒)アンドレ
アンドレ(胴絞め、4分17秒)アニバル&ワグナー
アンドレ(体固め、5分46秒)ワグナー


【⑥】1981.9.27、アレナ・メヒコ
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&小林邦昭(2-1)カネック&ピーター・メイビア&コロソ・コロセッティ●

【⑦】1981.9.28、アレナ・プエブラ
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&エル・ソリタリオ(2-0)カネック&ピーター・メイビア&コロソ・コロセッティ●


【⑧】1981.9.29、アレナ・パチューカ
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&エル・ソリタリオ(2-0)カネック&ピーター・メイビア&アニバル●


【⑨】1981.9.30、パラシオ・デ・ロス・デポルテス
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&エル・ソリタリオ(2-1)カネック&ピーター・メイビア●
①ソリタリオ(回転エビ固め、5分14秒)カネック
②カネック(体固め、3分55秒)ソリタリオ
アンドレ(カネックへソリタリオを投げつけるようにしてプランチャを炸裂➡️リングアウト勝ち、7分11秒)カネック


【⑩】1981.11.25(水)、熊本市体育館
第7試合
▽MSGタッグ・リーグ公式戦、45分1本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&レネ・グレイ(アンドレ=体固め、6分33秒=マキナ)カネック&スペル・マキナ●


【⑪】1982.5.16、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽ハンディキャップ・マッチ、時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント(2-0)カネック&キラー・キム●
①?
アンドレ(反則勝ち)カネック組


【⑫】1982.5.23、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&レネ・グアハルト(1-0)カネック&キラー・キム


【⑬】1982.11.29(月)、岐阜産業会館
第7試合
▽MSGタッグ・リーグ公式戦、45分1本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&レネ・グレイ(アンドレ=ヒップ・プレス➡️体固め、5分42秒=アグアヨ)カネック&ペロ・アグアヨ●
【※】アグアヨがアンドレに仕掛け、ちょっとした不穏試合と化す。➡️この1カ月後のメキシコでの妙な試合になる伏線となった?


【⑭】1983.1.9、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯カネック&ペロ・アグアヨ(2-1)アンドレ・ザ・ジャイアント&アブドーラ・タンバ●
①タンバ(ダイビング・ボディ・プレス➡️体固め)アグアヨ
②カネック(リングアウト勝ち)タンバ
③カネック組(レフェリーに暴行➡️反則勝ち)アンドレ

【⑮】1983.1.16、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
△カネック&ペロ・アグアヨ(2-1)?(1-1)?アンドレ・ザ・ジャイアント&アブドーラ・タンバ△
①カネック(反則勝ち、10分50秒)アンドレ
アンドレ(反則勝ち)カネック
③(両者リングアウト、6分15秒)
※③アンドレ(リングアウト勝ち、6分25秒)カネック?
…2通りの報道有り。
【※】カネックがアンドレ
初めてぶん投げる!!


【★⑯】1983.5.9(月)、秩父市民体育館
第8試合(セミファイナル)
IWGP決勝リーグ戦、60分1本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント(ヒップ・プレス➡️体固め、1分49秒)カネック●

【⑰】1983.7.10、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯カネック&ペロ・アグアヨ(2-0)アンドレ・ザ・ジャイアント&ルイス・マリスカル●
①(?)
②カネック(反則勝ち)アンドレ
《※》カネック、アンドレに初めて単独のトペ・スイシーダを決める事に成功!!


【⑱】1984.1.15、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯カネック&ペロ・アグアヨ&フィッシュマン(2-1)アンドレ・ザ・ジャイアント&アブドーラ・タンバ&カオス●
①タンバ(体固め)アグアヨ
②アグアヨ(体固め)タンバ
③アグアヨ(急所打ち➡️反則勝ち)アンドレ
《※》通算2度目の大巨人投げに成功!!


【★⑲】1984.2.12、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
『ルチャ・リブレ50周年記念興行&フランシスコ・フローレス氏プロモーター生活50年祝い
第5試合(セミファイナル)
▽特別試合、時間無制限3本勝負
◯カネック(2-0)アンドレ・ザ・ジャイアント●
①カネック(急所打ち➡️反則勝ち、9分47秒)
②カネック(マスクを全て破り取る➡️反則勝ち、8分36秒)


【★⑳】1985.5.15(水)、長崎国際体育館
第8試合(セミファイナル)
IWGPヘビー級王座挑戦者決定トーナメント1回戦,30分1本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント(ヒップ・ドロップ➡️体固め、4分59秒)カネック●
※1回戦敗退。
《☆マスク》プエブラ製、赤(新?)ラメ、金ふちどり、頬の模様=アギラを着用。


【21.】1992.4.19、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&クラッシャー・バンバン・ビガロ&ランボー(2-0)カネック&ビジャノⅢ&ビジャノⅤ
①ビガロ(体固め、8分50ビジャノⅢ
アンドレ(体固め、6分35秒)カネック


【22.】1992.4.24、アレナ・ネサワルコヨ
▽時間無制限3本勝負
アンドレ・ザ・ジャイアント&クラッシャー・バンバン・ビガロ&ドクトル・ワグナーJr.(2-0)カネック&ビジャノⅢ&フィッシュマン●
アンドレ(回転エビ固めを押し潰して➡️体固め)フィッシュマン
ビガロ(体固め)カネック
②ビガロ(嘘の急所打ちを認められ➡️反則勝ち)カネック

【23.】1992.4.26、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯カネック&ビジャノⅢ&ビジャノⅤ(2-1)アンドレ・ザ・ジャイアント&クラッシャー・バンバン・ビガロ&ランボー
アンドレ(体固め、6分30秒)ビジャノⅢ
②カネック(反則勝ち、4分58秒)ビガロ
③カネック(仲間割れしたアンドレがエルボー➡️体固め、7分22秒)ビガロ
ビジャノⅢ(ウラカン・ラナ)ランボー