☆カネックの戦績 1981年① 編

【1月】
★1月10日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯カネック&ペロ・アグアヨ(2-1)エル・ソリタリオ&フィッシュマン●

★1月?日、アレナ・ネサワルコヨ
▽時間無制限3本勝負
◇カネック&ドクトル・ワグナー(?)ドス・カラス&エル・ソリタリオ
《☆マスク》プエブラ製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=山羊(角が所々長くなってる初期ver.)を着用。

【2月】
★2月1日、アレナ・プエブラ
▽時間無制限3本勝負
◯カネック(2-1)ドクトル・ワグナー●

★2月15日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《挑戦者》◯カネック(2-1)タイガー・ジェット・シン●《王者》
①シン(首4の字固め)
②カネック(体固め)
③カネック(反則勝ち)
※カネックが1年振りに王座奪回に成功。第6代王者となる。
《☆マスク》プエブラ製、緑旧ラメ(草ラメ)、金ふちどり、頬の模様=山羊(角が所々長くなってる初期ver.)

★2月22日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◯カネック&坂口征二(2-1)タイガー・ジェット・シン&ストロング小林

【3月】
★3月2日、アレナ・プエブラ
▽時間無制限3本勝負
◯ビル・ロビンソン&エリック・エンブリー(2-1)カネック&ドクトル・ワグナー●

★3月13日、サンファン・パンテクラシ?
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(?)バッファロー・アレン●《挑戦者》
※王座防衛に成功。

★3月15日、パラシオ・デ・ビジャエルモサ
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(2-1)バッドニュース・アレン●《挑戦者》
①アレン(ブレーンバスター➡️体固め)
②カネック(ブレーンバスター➡️体固め)
③カネック(フライング・ネックブリーカー・ドロップ➡️体固め)
※王座防衛に成功。

【※】ちなみにS小林が当時の月刊プロレス誌のインタビューのなかで、このカネックの原爆固めの際にカネックの顎が小林の腰に食い込み負傷して、帰国後に欠場していると語っており、そのままほとんど試合をしないまま84年夏に正式に引退をしているので、S小林の引退の原因はカネックだった…という事になりますね。

★3月22日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(2-1)ストロング小林●《挑戦者》
①小林(ワンハンド・バックブリーカー➡️体固め)
②カネック(逆さ押さえ込み)
③カネック(アルゼンチン式背骨折り)
原爆固めの報道もあり
※王座防衛に成功。
《☆マスク》プエブラ製、赤旧ラメ、金ふちどり、頬の模様=山羊を着用。
【※】ちなみにS小林が当時の月刊プロレス誌のインタビューのなかで、このカネックの原爆固めの際にカネックの顎が小林の腰に食い込み負傷して、帰国後に欠場していると語っており、そのままほとんど試合をしないまま84年夏に正式に引退をしているので、S小林の引退の原因はカネックだった…という事になりますね。

★3月?日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽時間無制限3本勝負
◇カネック&ビジャノⅢ&エリック・エンブリー(?)?&?&?
※対戦カード&結果・詳細不明。

★3月23日、レオン
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(?)バッファロー・アレン●《挑戦者》
※王座防衛に成功。