☆カネックの戦績 1988年①編

【1月】
★1月30日、アレナ・アパトラコ
▽UWA世界ヘビー級選手権
時間無制限3本勝負
◯《王者》カネック(?)ペロ・アグアヨ《挑戦者》●
※カネックが王座防衛に成功。

【2月】

【3月】
★3月4日、アレナ・サンロレンソ(アレナ・アルタ・ビジャ?)
▽UWA世界ヘビー級選手権、 時間無制限3本勝負
《王者》●カネック(1-2)ペロ・アグアヨ◯《挑戦者》
※王座陥落。アグアヨが第18代王者となる。

【4月】
★4月9日、アレナ・アパトラコ
▽UWA世界ヘビー級選手権 時間無制限3本勝負
◯《王者》ペロ・アグアヨ(?)カネック《挑戦者》●
※アグアヨが王座防衛に成功。

【5月】
★5月5日、エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《挑戦者》◯カネック(2-1)ペロ・アグアヨ●《王者》
※2ヵ月振りに王座奪回、第19代王者となる。
《☆マスク》プエブラ製、青(新)ラメ、銀ふちどり、頬の模様=チャクモールを着用。

★5月12日、ピスタ・レボルシオ
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(?)ドス・カラス●《挑戦者》
※王座防衛に成功。

★5月20日、エル・コルティホ
▽UWA世界ヘビー級選手権、時間無制限3本勝負
《王者》◯カネック(?)エンリケ・ベラ●《挑戦者》
※王座防衛に成功。


新日本プロレス『'88IWGPチャンピオン・シリーズ』5/20~6/26(全29戦)に参加。※カネック&ドクトル・ワグナーJr.は飛行機のトラブルにて5/24からの参加(全27戦)となった。通算13度目の来日。》

★5月24日(火)、千葉公園体育館
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ドクトル・ワグナーJr.(カネック=セントーン➡️体固め、11分21秒=保永)ヒロ斎藤&保永昇男
《☆マスク》プエブラ製、青(新)ラメ、赤ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

★5月25日(水)、後楽園ホール
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ドクトル・ワグナーJr.(カネック=リフトアップからのシュミット式バックブリーカー➡️体固め、11分59秒=キャット)星野勘太郎&ブラック・キャット●
《☆マスク》プエブラ製、赤(新)ラメ、青ふちどり、頬の模様=山羊を着用。

★5月27日(金)、仙台・宮城県スポーツセンター
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
越中詩郎&山田恵一(越中=原爆固め、11分54秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●
《☆マスク》プエブラ製、赤(新)ラメ,金ふちどり、頬の模様=山羊?を着用。

★5月28日(土)、栃木・小山ゆうえんちスケートセンター
第6試合
▽30分1本勝負
◯カネック(回転エビ固め、10分16秒)星野勘太郎

★5月30日(月)、大阪・ニチイ八尾店駐車場特設リング
第9試合(セミファイナル)
▽タッグマッチ、45分1本勝負
長州力&小林邦昭(長州=リキ・ラリアット➡️体固め、8分2秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

【6月】
★6月1日(水)、山口・岩国市体育館
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
越中詩郎&◯山田恵一(山田=トペ・アトミコ➡️体固め、11分26秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月2日(木)、佐賀スポーツセンター
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
小林邦昭&佐々木健介(小林=綱打ち式原爆固め、12分25秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月3日(金)、鹿児島県立体育館
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯スーパー・ストロング・マシン&小林邦昭(マシン=ダイビング・ヘッドバット➡️体固め、12分53秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●
《☆マスク》おそらくプエブラ製、緑(新)ラメ、赤?ふちどり、ククルカン(外向き)を着用。

★6月4日(土)、宮崎・串間市民総合体育館
第7試合
▽タッグマッチ、45分1本勝負
長州力&ヒロ斉藤(長州=リキ・ラリアット➡️体固め、9分38秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月6日(月)、宮崎・小林市民体育館
第8試合(セミファイナル)
▽タッグマッチ、45分1本勝負
藤波辰巳&◯木村健悟(木村=稲妻レッグ・ラリアット➡️体固め、11分45秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月7日(火)、熊本・矢部町営中央体育館
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
藤原喜明&木戸修(藤原=脇固め、9分42秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月8日(水)、大分・竹田勤労者体育センター
第6試合
▽30分1本勝負
越中詩郎(回転エビ固め、11分23秒)カネック●

★6月9日(木)、福岡・北九州市立的場池体育館
第6試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯スーパー・ストロング・マシン&保永昇男(マシン=セカンド・ロープからのフライング・ラリアット➡️体固め、11分24秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月10日(金)、広島県立体育館
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ドクトル・ワグナーJr.(カネック=逆さ押さえ込み、9分13秒=斎藤)小林邦昭&ヒロ斎藤
《☆マスク》プエブラ製、水色(新)ラメ、金ふちどり? ,頬の模様=?のマスクを着用。
※素人撮影映像あり

★6月11日(土)、兵庫・和田山町立農業者トレーニングセンター
第5試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
木村健悟&◯ジョージ高野(高野=ニール・キック➡️体固め、9分4秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月12日(日),石川県産業展示館
第5試合
▽タッグマッチ,30分1本勝負
星野勘太郎&◯山田恵一(山田=ブロック・バスター➡️体固め、14分51秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月13日(月)、富山スケートセンター
第9試合(セミファイナル)
▽タッグマッチ、45分1本勝負
マサ斎藤&◯長州力(長州=リキ・ラリアット➡️体固め、7分51秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月15日(水)、新潟市体育館
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯カネック&ドクトル・ワグナーJr.(カネック=リフトアップからのシュミット式バックブリーカー➡️体固め、13分57秒=キャット)星野勘太郎&ブラック・キャット●

★6月16日(木)、新潟・長岡市厚生会館
第5試合
▽20分1本勝負
ジョージ高野(ニール・キック➡️片エビ固め、11分45秒)カネック●

★6月17日(金)、新潟・五泉市民会館
第3試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
越中詩郎&山田恵一(越中=ツームストン・パイル・ドライバー➡️体固め、11分55秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●
《☆マスク》プエブラ製、青(新)ラメ、赤ふちどり、頬の模様=アギラを着用。

★6月19日(日)、東京サマーランド秋川自然園大駐車場特設リング
第3試合
▽20分1本勝負
◯カネック(セントーン➡️体固め、8分20秒)保永昇男

★6月19日(日)、後楽園ホール
第6試合
▽30分1本勝負
小林邦昭(コーナーへ突進してきたカネックを交わし➡️回転エビ固め、11分49秒)カネック●
※カネック、34歳の誕生日を白星で飾れず。
【※】ちなみに当初は越中詩郎&山田恵一vsカネック&ドクトル・ワグナーJr.のカードが組まれテレビ中継される予定でしたが、新日本特有の急なカード変更にてお流れになってしまいましたね。。。
《☆マスク》プエブラ製、銅(新)ラメ、青ふちどり、頬の模様=ククルカン(外向き)のマスクを着用。

★6月20日(月)、長野・佐久市総合体育館
第8試合(セミファイナル)
▽タッグマッチ、45分1本勝負
長州力&◯小林邦昭(小林=綱打ち式原爆固め、7分5秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月22日(水)、埼玉・大宮スケートセンター
第4試合
▽タッグマッチ、30分1本勝負
◯ケンドー・ナガサキ&ミスター・ポーゴ(ナガサキ=ベンデュラム・バックブリーカー➡️体固め、7分26秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月23日(木)、神奈川・横浜文化体育館
第3試合
▽20分1本勝負
◯カネック(リフトアップからのシュミット式バックブリーカー➡️体固め、15分28秒)ブラック・キャット●

★6月24日(金)、大阪城ホール
第3試合
▽タッグマッチ、20分1本勝負
小林邦昭&保永昇男(小林=綱打ち式原爆固め、12分16秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●

★6月26日(日)、名古屋レインボーホール
第3試合
▽タッグマッチ、20分1本勝負
◯スーパー・ストロング・マシン&佐々木健介(マシン=ダイビング・ヘッド・バット➡️片エビ固め、11分27秒=ワグナーJr.)カネック&ドクトル・ワグナーJr.●
【※】若手時代ながら佐々木健介との対戦が実現。