☆カネックの名パートナー

かつて人気を博してシリーズ化した雑誌プロレス・アルバムのなかの『ニュー・ウェーブ7』のなかの1ページに、モノクロのドリー・ファンクJr.の写真に


【俺のタッチを受けるのはどいつだ】


なんてカッコいいフレーズがつけられてありましたが、そんなこんなで今回はカネックのパートナーについてイッてみたいと思います。



シングルプレイヤーとして成功している選手は、協力しあったりパートナーの為に犠牲になったり引き立てたり…多少なりとも裏方にまわるのに抵抗があり、あくまで主役でいたがるが為にタッグは不向きと言われてますね。


有名なところではアントニオ猪木に名パートナーがいなかったのもそういう理由だったと確かミスター高橋氏の書籍のどこかにつづられてましたが、なるほど、頷けますよね。


もちろん、坂口さんのように徹底して引き立て役にまわってくれる人がいれば別でしょうけども。


そういう意味でカネックもまたメヒコでは偉大なる名シングル・プレイヤーであるが為に過去に名パートナーがアグアヨ以外にはそんなにいなかったのかもわかりませんね。

 
ちなみにさかのぼってカネックの歴代のパートナーをさぐってみますと


新日に初来日を果たした78年前後あたりは

★ドクトル・ワグナー



自身の一番のピークと言われる82年には
 


★ベビー・フェース

★ビジャノⅢ



あたりと気心が知れた間柄的に組んでますね。


そして同年82年10月頃には



★ペロ・アグアヨ

★フィッシュマン



の2人が和解を果たすと同時期にこの2人と組むようになり、この3人はまさにレジェンドを築いたわけです。


皆が夢中になったように私もこれ以上とないくらいにこの3人のユニットに夢を馳せ、血沸き肉踊り、心踊らされたものです。




そして84年秋くらいにはEMLLとの交流の関係でこの3人にプラスして



★エル・サタニコ



が、加わる感じになるのですが、このサタニコが超絶実力派ルード、かつ小林邦昭のようなアクの強い面構えでかなり良かったんですよねぇ。


個人的にカネック&ペロ・アグアヨ&フィッシュマンは最高だと実感してますが、カネック&ペロ・アグアヨ&エル・サタニコもかなりのお気に入りなユニットで、言わば最至高でした。



そして85年1月には、UWAにてルードにばかり人気選手がかたよってしまい、リンピオ選手にスター選手が少なくなってしまった……という理由にてカネックにリンピオ転向の話しが持ち上がり、これに乗ってカネックが75年1月のUWA旗揚げ戦から本格的にレスラー人生が始まったとして、デビューして10年して遂に初のリンピオ転向を果たすと



★ドス・カラス

エンリケ・ベラ



と、現・前・元UWA世界ヘビー級王者のユニット『ロス・ポデロソス』(権力者達という意味合いらしいです)というアグアヨ&フィッシュマンらとはまたちょっと違う意味で恐ろしいユニットを結成して、5月くらいにUWAとフリー参戦を交わした



★ミル・マスカラス



ともほんの一時ながら組む事になります。


マスカラス&ドス&カネックというのも、これ以上ない贅沢なユニットでしたが、マスカラスが入ってしまうとどうしても2番手においやられるが為、また表記する際に兄弟という理由にてマスカラスの次にドスが表記されカネックは3番目になり…3人のなかで一番の主役であるのにも関わらず、あたかもこの3人のなかで一番下っ端のようなイメージを与えるが為に、個人的にはあんまり好きなユニットではありませんでしたねぇ。


86年に入ると



★コバルデ2号


が、カネックの子分的な形にてカネックと組むようになるのですが、マスクの模様が良かったこともあり、個人的にカネックを語る際はこのコバルデ2号は外せない選手となってます。


旧友のアグアヨ&フィッシュマンとの抗争の際にいかんなく頑張ってくれたイメージもあり、あの時のコバルデ2号に心から《ムーチョ・グラシアス》と言わせてください。



そして同年の86年春あたりくらいからはアグアヨがリンピオに転向したが為に再抗争を展開する事になる



★フィッシュマン

★アブドーラ・タンバ



と組むようになりますね。


ちなみに86年8月17日にメヒコ遠征した藤波&木村健を迎え撃った時のパートナーはフィッシュマンでしたが、当初はタンバと発表されてましたね。


直前に変更になるあたり、新日90年2月10日東京ドーム大会で、天龍が大会直前になってパートナーを川田から三沢タイガーに、長州が小林邦からG高野に変更した時を彷彿してしまいますね。


この年以降は本格的なパートナーは居なかったと思いますので、このへんで終わりにしたいと思います。



ちなみに日本では



★スペル・マキナ

★ペロ・アグアヨ

エンリケ・ベラ



が、馴染みのパートナーではないしょうか。


ではでは最後に、統括的に個人的な考察にて個人的な嗜好でカネックの名パートナーを順位づけさせて頂きますと



①ペロ・アグアヨ

②ドス・カラス

③コバルデ2号

④ベビー・フェース

⑤ドクトル・ワグナー




に、なりますでしょうかね。


皆さん的にはどうでしょうか。