☆カネックのあの技にまつわるエトセトラ

カネックのオリジナル技で忘れてならないのがサイド・バスターですよね。



サイド・バスター…相手をサイド・スープレックスのように持ちあげ投げかけ、途中で自らの体を浴びせるように、アバランシュ・ホールド雪崩のこどく叩きつけ落とす技であります。



ハンセンのラリアットや猪木の延髄斬りのように、この技が出たら決まる!!というようなフィニッシュ・ホールドではなく、ほとんど仕留めた相手を仕上げとしてたたみ込むための見せ技的な
フィニッシュ・ホールドとして多用してましたよね。



例によってあの技を使い出したのはいつなのか 個人的な記憶で語らせて頂きますと、82年3月にメヒコでのエンリケ・ベラとの一戦にて使用しているショットが当時の月刊プロレス誌に掲載されてますね。


あ、違う違う!


81年12月8日の蔵前での初代タイガーとのシングル戦でも使ってましたネ!!



ちなみにTV戦では85IWGP&WWFチャンピオン・シリーズ開幕戦、5月10日の福岡国際スポーツセンターでのカネック&ヒロ斎藤vsザ・コブラ&星野 勘太郎戦にて星野にサイド・バスターを決めてフォール勝ちしてますね。

この勝ちはカネックにしては超貴重なTVマッチでフォール勝ちの試合となります。


この技の直前に腰砕けのバック・ドロップを決めていったんフォールの体勢に入りながらも解いて起こして、やはり仕上げとしてこのサイド・バスターを決めて終わってますね。


ちなみにカネックがバックドロップを決めてフォールの体勢に入って解いた時に、カウントを叩いてたミスター高橋が3カウント叩く素振りで、ん?的な面倒くさそうな表情してましたよね。


さっさと終わらせたかったのでしょうね(笑)



確かこの時のマッチメイカーはミスター高橋氏のはずですが、あれあれ?フィニッシュ・ホールドについては打ち合わせして決めておいてなくてカネックにお任せしていたのかな?


それともカネックがちょっとしたブック破り的な事をやらかしたのかな?



以上、どうでもいいような謎でありました!