☆UWAを襲来した外人歴 1990年編

★ブルー・ブレイザー(オーエン・ハート)① (1.?〜)★グレート・コキーナ① (2.11〜?)★ブルー・ブレイザー(オーエン・ハート)② (3.18〜4.1)★グレート…コキーナ② (10.?〜?)★ワイルド・サモアン① (10.?〜?)★グレート・コキーナ③ (11.16〜?)★サムゥ① (11.16〜?)★フ…

☆UWAを襲来した外人歴 1989年編

★ビッグバン・ベイダー② (4.30〜5.14)★ビッグバン・ベイダー③ (11.12〜11.26)■獣神サンダー・ライガー① (11.2〜?)★ダン・グリーン② (11.?〜?)★エリック・エンブリー③ (11.?〜?)★スティーブ・アームストロング(サザン・ボーイズ)① (12.3〜?)★トレイシー・スモザ…

☆UWAを襲来した外人歴 1988年編

★ビッグバン・ベイダー① (11.20〜11.27)★TNT① (12.〜89年1月) 《中止》 ■前田 日明

☆UWAを襲来した外人歴 1987年編

この年は皆無で、UWAの副会長に就任した坂口 征司が10.25にメヒコに行き挨拶したくらい。。。 《中止》 ■アントニオ猪木(10.25)

☆UWAを襲来した外人歴 1986年編

★ダビッド・ゴールド (7月〜) ■藤波 辰巳⑨ (8.17のみ)■木村 健吾① (8.17のみ)

☆UWAを襲来した外人歴 1985年編

★スタン・ハンセン③ (1.20&1.27)★アブドーラ・ザ・ブッチャー⑥ (2.24〜3.3?3.10?)★エリック・エンブリー② (3.31〜4.?)★ダン・グリーン① (3.31〜4.?)★ブードゥー・ムルンバ② (4月〜?) 《中止》 ★ダイナマイト・キッド (3.3〜) ★ブルーザー・ブロディ (9.22〜)

☆UWAを襲来した外人歴 1984年編

★アンドレ・ザ・ジャイアント⑦ (1.8〜1.15)★アンドレ・ザ・ジャイアント⑧ (2.12のみ)★アブドーラ・ザ・ブッチャー④ (2.12〜2.19)■剛 竜馬① (5.1〜5.?)■マッハ隼人①(UWAには初参加) (5.29〜?)★ハルク・ホーガン② (9.2のみ)★スタン・ハンセン② (9.23&9.30)★アブドー…

☆UWAを襲来した外人歴 1983年編

■ジョージ高野① (前年から滞在中〜10月)■斎藤 弘幸(ヒロ斎藤)① (前々年より滞在中〜10月)■平田 淳二① (前年から滞在中〜10月) ★アンドレ・ザ・ジャイアント⑤ (1.9〜1.16)■藤波 辰巳⑦ (5.1のみ)■藤波 辰巳⑧ (6.5〜6.12)■初代タイガーマスク③ (6.12のみ)■山本 小…

☆UWAを襲来した外人歴 1982年平均

■小林 邦昭① (前々年より滞在中)■斎藤 弘幸(ヒロ斎藤)① (前年より滞在中) ■ジョージ高野① (1月〜83年7月)■アントニオ猪木③ (2.14のみ)■藤波 辰巳⑦ (2.14のみ)★アブドーラ・ザ・ブッチャー② (2.14〜2.28)★ドン・コルレオーネ(トニー・ロコ)① (2.14〜3月)★バッドニ…

☆UWAを襲来した外人歴 1981年編

■栗栖 正伸① (前々年より滞在中)■小林 邦昭① (前年より滞在中) ★タイガー・ジェット・シン⑦ (2.15〜)■ストロング小林① (2.15〜6月)■坂口 征司①(前年にEMLLに参戦したのでメヒコ襲来の通算歴は②) (2.15〜2.22)★バッドニュース・アレン② (2.15〜3月)★ビル・ロビン…

☆UWAを襲来した外人歴 1980年編

■栗栖 正伸① (前年より滞在中) ★タイガー・ジェット・シン② (2月〜?)★アンドレ・ザ・ジャイアント(✪EMLLに参加しつつUWAの試合もこなした?)① (2.?〜2.?)■アントニオ猪木② (4.13のみ)■藤波 辰巳③ (4.13のみ)★タイガー・ジェット・シン③ (4.13のみ?)■小林 邦昭①…

☆UWAを襲来した外人歴 1979年編

■テムヒン・モンゴル(若手時代のキラー・カーン) (77年12月から滞在〜3月) ■栗栖 正伸① (3月〜82年3月)■アントニオ猪木① (4.22のみ)■藤波 辰巳② (4.22のみ)■長州 力① (12.19のみ)★タイガー・ジェット・シン① (12.22〜12.23)

☆UWAを襲来した外人歴 1978年編

■テムヒン・モンゴル(若手時代のキラー・カーン)① (前年12月から滞在中)■藤波 辰巳① (前年から滞在〜1.22) ■カール・ゴッチ① (?〜?)■ルー・テーズ②?③? (8.?〜?)

☆カネックの隠れた偉業&快挙(順不動)

■ストロング小林を引退に追い込む ストロング小林さんは1981.10.16(大分)大会を最後に腰の負傷を理由に試合から遠ざかりまして、そのまま試合復帰されることなく、1984.8.26、福生にて正式に引退されてるわけですが、 そのS小林さんが引退につながる原因となっ…

☆カネックの隠れた偉業&快挙(順不動)

■1984.11.11(エル・トレオ) カネック&ペロ・アグアヨ&エル・サタニコvsアブドーラ・ザ・ブッチャー&アブドーラ・タンバ&シェン・カラス戦にて、ブッチャーにトペ・スイシーダ(通算2度目?)とブレーン・バスターを決める! ブッチャーへブレーン・バスターを決めた事があ…

☆カネックの隠れた偉業&快挙(順不動)

■1984.9.30(エル・トレオ)、UWA世界ヘビー級選手権試合、vsスタン・ハンセン戦では、2本目をハンセンにトペ・スイシーダを決めてリングアウト勝ちを収めるという。 あの時代は完全決着がなかなか難しくて、リングアウト勝ちというのはちょっとした結構な良い結果でし…

☆カネックの隠れた偉業&快挙(順不動)

■84.9.21(アレナ・メヒコ)UWA世界ヘビー級選手権試合、vsシェン・カラス戦にて。 この日のUWA世界ヘビー級王座の防衛戦は、UWAのライバル団体であったEMLL(現CMLL)のルチャ・リブレ生誕30周年大会として行われたビッグ・マッチの目玉カードのひとつとしてUWA世界ヘ…

☆カネックの隠れた偉業&快挙(順不動)

■1984.2.19(トレオ)カネック&ペロ・アグアヨvsアブドーラ・ザ・ブッチャー&ルイス・マリスカル戦にて、ブッチャーをボディ・スラムでぶん投げる。アンドレをボディ・スラムで投げるのはひとつのブランドとして確立されて多くの選手がトライしてり成功したりしてます…

☆カネックの隠れた偉業&快挙⑩(順不動)

■1984.2.12(エル・トレオ)UWAの首領、フランシスコ・フローレス氏のプロモーター歴50周年記念大会のセミ・ファイナルとして行われた、メヒコでは初となるアンドレとのシングル戦にて凄い快挙の数々を成し遂げております! ①アンドレをアーム・ホイップで巻き上げ投…

☆カネックの隠れた偉業&快挙⑨(順不動)

■1984.1.16(エル・トレオ)カネック&ペロ・アグアヨ&フィッシュマンvsアンドレ・ザ・ジャイアント&アブドーラ・タンバ&カオス戦にて、アンドレをボディ・スラムでぶん投げる。2度目の快挙になります!

☆カネックの隠れた偉業&快挙⑧(順不動)

■1983.7.10(エル・トレオ) カネック&ペロ・アグアヨvsアンドレ・ザ・ジャイアント&ルイス・マリスカル戦にて、カネックがアンドレに単独でトペ・スイシーダを決める。 アンドレがトペを喰らったのは同年の1月にカネック&アグアヨのダブル・トペスイシーダを喰らったの…

☆カネックの隠れた偉業&快挙⑦(順不動)

■1983.5.21、(大分県立荷揚町体育館)IWGP決勝リーグ公式戦、vsラッシャー木村戦にてラッシャー木村のアンコ型巨体にハーフ・リスト・クラッチ式のアルゼンチン・バックブリーカーを決めるという…。ラッシャー木村さんが、やや後年になってからアルゼンチン・バックブ…

☆カネックの隠れた偉業&快挙⑥(順不動)

■1983.5.15(後楽園ホール)IWGP決勝リーグ公式戦、vs前田明戦にて、UWFを経る前の初めて売り出された時期の前田にではありますが、その前田にトペ・スイシーダを決める。前田も猪木と同様にトペ・スイシーダを喰らった事があるのは生涯でこの一発のみではないでしょ…

☆カネックの隠れた偉業&快挙⑤(順不動)

■1983.5.6(福岡国際センター) カネックvs長州力戦にて、長州にトペ・スイシーダを決める。この時の長州は半年前に藤波に反旗をひるがえして1ヵ月前にはその藤波を下し、新WWF認定インター・ヘビー級王者に就き、プロレス界に旋風を巻き起こしてる最中の、覚醒した……

☆カネックの隠れた偉業&快挙④(順不動)

■1983.1.16(エル・トレオ)カネック&ペロ・アグアヨvsアンドレ・ザ・ジャイアント&アブドーラ・タンバの復讐戦においては、アンドレに対し、カネックがアグアヨと共に2人で同時飛行してダブル・トペ・スイシーダを決めるという。。。アンドレがトペを喰らった事があるの…

☆カネックの隠れた偉業&快挙③(順不動)

■1983.1.9(エル・トレオ)カネック&ペロ・アグアヨvsアンドレ・ザ・ジャイアント&アブドーラ・タンバ戦にて、 アグアヨと共にアンドレにセメント仕掛ける?!さらにガンガンに攻め込みアンドレを大流血させる。アンドレもまた猪木と同様に大御所ゆえに?流血するのは、…

☆カネックの隠れた偉業&快挙②(順不動)

■1979.5.30(大阪府立体育会館)&6.7(蔵前国技館)vs藤波辰巳戦では、2試合共に藤波が保持するWWF認定Jr.ヘビー王座に挑戦するのですが、この1ヵ月半前の4.22(トレオ)で猪木のNWFヘビー王座に挑戦してばかりであり、つまりはわずか1ヵ月半の間に猪木の【ヘビー級王…

☆カネックの隠れた偉業&快挙①(順不動)

■1979.4.22(トレオ) NWFヘビー級選手試合、vsアントニオ猪木戦にて、猪木にトペ・スイシーダを決めたわけですが、猪木がトペを受けたのはおそらく生涯でこの一発のみではないでしょうか…? そもそもストロング志向でショーマン派が大嫌いな猪木がショーマンのイ…

☆現存するカネックのA・マルティネス製マスク

お久しぶりでございます。 唐突ですが今回は、何気にまとめていた、過去に世に出たカネックのアントニオ・マルティネス製のマスクを記載してみたいと思います。 【1.】 《1974年物》 上頭部が銀旧ラメ、下頭部が紫サテン、黄色ふちどり、頬の模様無し【横タグ】こ…

☆カネック 日本テレビ戦 結果データ

さて、カネックがテレビに映った回数は前記の参照データを元に、合計41回分のテレビに映った際に着用したマスクのデータ結果を分析してみると以下になります! 【メーカー】※多く使われた順。①プエブラ製 《29回》 ②アントニオ・マルティネス製 《12回》 ③ラ・フ…